学校からの配布物

公式SNSアカウント

モバイルサイト

本校のモバイルサイトへは、下記のQRコードを読み取り、アクセスしてください。

※QRコードが読み取れなかった方は、下記のURLを入力してください。
URL:http://www.iwakisogo-h.fks.ed.jp/
 

カウンタ

COUNTER600711
校長室より
12345
2017/04/12

16期生のみなさんへ

| by:校長
 本校正門を入って左側にある第一体育館の前に、ソメイヨシノが一木あります。16期生の入学を祝福するかのように、薄桃色の花びらを広げて、今、咲き誇っています。
 人口に膾炙しているところですが、現在、桜の代表として扱われているソメイヨシノは、江戸末期から明治初期にかけて、江戸の染井村(現、東京都豊島区駒込)に集落を作っていた造園師や植木職人達によって交配・育成された桜木と言われています。遺伝子解析によれば、ソメイヨシノはエドヒガン系統の桜と日本固有種のオオシマザクラを最初の父母とするクローンだそうです。異なる桜の交配によって、春の訪れを象徴する花となりました。今では、アメリカのワシントンでの花見の様子がテレビ等で報道されているように、多くの人たちに愛でられるようになってきています。
 さて、牽強付会的ですが、学校もソメイヨシノが創られる過程のような場ともいえそうです。本校には、多くの中学校(今年度は、県内外32校)から生徒たちが集まってきています。生徒たちは、クラス・部活動・委員会活動・学校行事等で、多くの人と出会います。その出会いを大切にしてほしいと思います。言葉を交わした時、一緒に作業をした時などに、さまざまな刺激を君たちは受けるはずです。時として、マイナスの感情を持ってしまうことがあるかも知れません。その際にどう対処するか、その人にどう向き合うかがとっても大事です。これらのことを通して、社会における「自分」が形成されていきます。なるべく多くの人と交流を持つことが、自分の内面に変化をもたらし成長を促す契機となるものと考えています。
 ぜひ、今日から、上級生、同級生、先生たちと多く言葉を交わしてさまざまな活動に取り組んでください。卒業の日まで、桜花のように一輪一輪が見事に咲き誇り、幹が大地にしっかりと根ざす一木となることを期待しています。
08:51
2016/04/28

遅ればせながら、着任のあいさつ

| by:校長

 この度の人事異動で、本校に着任しました安瀨一夫です。前任校は、県立石川高等学校でした。いわきの地は、好間高等学校離任以来ですから、21年ぶりとなります。いわき総合高等学校の生徒の魅力をさらに高めるべく努力してまいりますので、本校への御協力御支援をよろしくお願いします。

 早足に桜の季節が過ぎ、シャクナゲの香りを感じる頃となりました。
 4月は、始業式・入学式・新入生歓迎会・部活動登録・身体測定等々の行事が続きます。5月の連休前後には、高体連の地区大会が開催されるので、3年生を中心に部活動にも熱が入っています。この時期は、生徒・教職員の疲れがピークになる時期で、体調管理を気遣いながらさまざまな活動をすすめているところです。
 さて、本校は、4月7日(木)に始業式、翌8日(金)に入学式を行い、新しい年度が本格的にスタートしました。入学式では、美術部員が1年生の教室の黒板に、歓迎のチョーク絵を描き新入生を温かく迎え入れてくれました。11日(月)の新入生歓迎会では、運動部・文化部・家庭クラブが趣向を凝らし、これまでの活動の一端を紹介してくれました。
 今、生徒たちの晴れやかな声が校舎内外に満ちています。チャレンジ精神旺盛で礼儀正しい本校生の活動する姿に圧倒される日々を過ごしています。先生方も意欲的に魅力ある授業を展開しています。まさしく春です。生の躍動を感じています。
 ところで、私は、始業式・入学式等を通じて、生徒たちに次のようなメッセージを伝えました。
 一つ目は、自他の命を大切にしてほしいということです。生きていること、そのこと自体に価値があるので、自らを含むあらゆる命に敬意を払ってほしいということです。
 二つ目は、これまでの本校の取り組みを継承しつつ、さらに個性輝く学校づくりを共に進めていきましょうということです。個性は、具体的な行動や取組から生まれ育っていくものです。学業・部活動・委員会活動、そして趣味の世界でもいいので、自らの目標を定め、目標実現のために必要なことを、日々の生活の中で着実に積み上げていきましょうということです。
 三つ目は、感動する心と人に感動を与えることができるものを自分の中に育てて欲しいということです。感動する心は、対象とするものに正面から向き合うことで生まれます。この姿勢ができたとき、人を感動させるものづくりが始まります。自分が躍動することで、他者が感動してくれる素晴らしさを経験してほしいということです。
 四つ目は、ルールと責任についてです。芸術・スポーツが美しく感動を生むのは、ルールに基づき行われるからでしょう。ルールや責任は、自らを縛るものではなく自らの可能性や自他の関係性を広げるものと考えています。生徒の皆さんは、このことをしっかりと理解して学校生活を送ってほしいということです。
 最後に、「天は自ら助くる者を助く」という言葉を紹介しました。幸せになるか不幸になるか、成功するか失敗するかは、自分の心と行動が決めるのです。もちろん、外部的要因もありますが、少なくとも内部的要因で自分の成長を諦めてはいけません。いわき総合高校の3年間で、確実に自分を成長させましょうということを伝えました。
 校是の「個性・自律・創造」の下、教職員一丸となって、挑戦・躍動・感動・成長する生徒を育てていきたいと考えています。よろしくお願いします。


16:37
2016/04/28

平成28年度入学式 式辞

| by:校長

        福島県立いわき総合高等学校 平成28年度第15期生 入学式 式辞

 風光る中、薄桃・黄・白と咲き競う花びらに生命が躍動する春を感じる季節となりました。
 この佳き日に、福島県議会議長 杉山 純一 様、PTA会長大和田 清 様、同窓会会長 佐久間 均 様をはじめ、多くのご来賓、保護者、関係者の皆さまにご出席いただき、福島県立いわき総合高等学校 第15期生240名の入学をお祝いいただけますこと、本校を代表しまして心より感謝申し上げます。

   ただいま入学を許可された240名の皆さん、入学おめでとう。皆さんの本校への入学を、教職員並びに在校生とともに心から歓迎します。

 保護者の皆様方、お子様のご入学 誠におめでとうございます。お子様は、15の春の大きな試練を乗り越え、本日、本校に入学が許可されました。このことは、本人のたゆまぬ努力の成果と思いますが、保護者の方々の温かい励ましがあったからこそだと推察いたします。本日より、教職員一同、本校の特色ある教育を展開しお子様の成長をしっかりとサポートしていくことをお約束します。

 いわき総合高等学校は、生徒の多様な個性を尊重し、それぞれが持つ創造性を最高点まで高める教育をしたいと考えています。そのために、生徒の皆さんには、自らが心と身体と言葉をコントロールすることを求めたいと思います。

 本校では、自分の興味・関心に基づいて学びを深め、最良の進路選択が可能となる教育環境を用意しています。学びの科目群として、人文国際、自然科学、情報、芸術表現、スポーツ健康、生活福祉の6系列をもうけており、それぞれの系列で魅力ある先生たちが特色ある授業を実施しています。
 また、その道の専門家や企業のトップによる講演会、大学での授業や企業での就業体験等、キャリア発達に資する豊富な機会を提供するなど、外部の教育資源を活用できる体制ができています。
 皆さんの目標が実現されるには、このような豊かな教育環境を活かすとともに、「指示を待つ」のではなく「自らが動く」姿勢を持ち続けることが大切だと考えています。まず、自分の目標を、保護者・先生・友人に話すことがスタートです。言葉は力です。宣言することで目標は実現されるのです。そして、行動です。進学を考えている人は、まずは大学に足を踏み入れましょう。就職を考えている人は、希望する職場を見学してみましょう。スポーツや演劇等の世界を目指す人は、ライブに足を運びましょう。本物に触れ感動することで、感動を与えられる自分を創りあげることができます。
 皆さんは、自らの選択と責任により、学校生活の充実と進路実現を達成することができるのです。

 本校は、大正3年の内郷村立農業補習学校の創立から数えると100年を超える歴史を持つ学校ですが、いわき総合高等学校としての歩みはまだ13年と若い学校です。しかし、先輩たちの力によって、現在では、いわき・福島にとどまらず全国にその魅力を発信できる学校となっています。新入生の皆さんのそれぞれの「てっぺん」を目指す力の相互作用により、本校をさらなる高みに引き上げてほしいと期待しています。

 さて、本校の教育理念は、個性、自律、創造です。本校は、皆さんの個性を尊重する学校でありたいと願っています。これは皆さんの協力がなければ維持できません。あなたの個性が尊重されるということは、彼や彼女の個性も尊重されるということです。フランスの啓蒙思想家ボルテールの言葉に「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」があります。多様な価値観を認める姿勢を大事にしてほしいと思います。

 自律とは、自らの感情・行動等をコントロールし、理性に従うことだと、ドイツの哲学者カントは言っています。欲望や社会的慣習に従い行動することは、一見自由に見えますが真の自由ではありません。理性に基づいて自分が自分に与えた命令に従って行動することで、自由になれるのです。私流に解釈すれば、人間が普遍的に持つ価値すなわち理性に基づいた「すべきことはする」「していけないことはしない」という自分の心の声に従うことだと思います。3年間、このことを心に刻み生活してほしいと思います。
   創造。これこそが、人間だけが持つ大きな力です。創造性を発揮するには、自らの個性を見極めて磨き、自らを律して生活する時間が必要です。高校時代が、創造性を開花させる大切な時間だと考えます。この3年間で成し遂げるべき目標を定め、そのことに挑戦してほしいのです。授業、部活動やクラブ活動、生徒会活動、ボランティア活動等、日々の生活の中で行われる時間を充実したものにすることが、創造性を伸ばす近道です。

   保護者の皆さま。いわき総合高等学校は、コミュニケーションと生徒によるレベルの高い表現活動を大切にしている学校です。学んだり体験したり、又は調べたり研究したりしたことを発表する機会、さらには授業の一部として行われる演劇や音楽の舞台発表や美術作品の展示、盛んな運動部の対外試合、多種多様な文化部の定期演奏会や発表会等々、保護者の皆さまに楽しんでいただける機会が多数あります。その都度、ご案内をいたしますので、是非お子様の発表、同級生や上級生の活躍の場に足を運んでいただき、ともにお子様の成長を確認していただければ幸いです。

 結びに、PTA、同窓会、体育文化後援会の皆さま、そして地域の皆さまには、これまでの本校への特段のご支援に感謝申し上げるとともに、今後とも変わらぬご協力をお願いし、我々教職員一同、第15期生240名の生徒諸君が、本校での3年間で、挑戦・躍動・感動・成長の軌跡を描ききれるよう全力で支援していくことを誓い、式辞といたします。

 平成28年4月8日
                                      福島県立いわき総合高等学校長 安瀨 一夫 
                                                                               


16:32
2016/03/18

平成27年度後期終業式 校長のはなし

| by:校長

皆様
 平成28年3月18日(金)は後期終業日です。終業式に先立って、表彰伝達式が行われました。精勤賞(1年間皆勤)受賞者は、1年次生96名、2年次生106名にものぼりました。ハンドボール部、陸上競技部、吹奏楽部、写真部、JRC・インターアクト部、家庭クラブの各団体・個人の表彰に続き、税の作文、英語、国語、数学、情報処理、被服製作の各検定の表彰をしました。皆さんの努力を心から讃えたい。表彰の最後は、サンシャインフルマラソン完走の先生方(4名)と二科展で新人奨励賞受賞の先生です。先生方も活躍しています。

平成27年度 後期終業式 校長のはなし

〔輝かしい一年、生徒諸君に感謝〕
 3月1日に卒業した第12期生と皆さんが造り上げたこの1年はすばらしかった。それは、皆さん1人1人が、先生方や学校外部のサポーターの皆さんと共に、それぞれの舞台で全力で学び活動したからであり、そういう友の活躍の場に立ち会い拍手を送る事ができたからです。学校全体として多様性と多様性を認め合う雰囲気が一層高まっています。
 昨年もこの場で学校評価アンケートについて話をしました。私たち教職員が、自分たちの一年の有り様を反省する大切な材料だからであり、生徒の皆さんにフェアでありたいと考えるからです。「この学校に入学して良かった」と肯定的に回答してくれた生徒諸君は91%、保護者は97%もいてくれる。昨年度よりも数字は上昇しました。大変ありがたい。そうではない皆さんにも本校で学ぶ意義を感じてもらえるように努力していきます。
〔いわき総合の存在意義は何であるか〕
  本校は、キャリア教育・コミュニケーション教育を大切にして、多様な教育活動を展開している学校です。これらは、漢字を覚えるとか計算ができるようになったとかと違って、保護者の方も理解しにくい。そういう学校であるからこそ、しかも今後の日本の学校の在り方を考える上でも参考にしたいものがたくさんある学校なので、この学校の価値を、先生方も生徒諸君も保護者の方も一緒に、皆が語り続けなければならないのだと考えます。
〔自律の姿勢〕
 本校が大切にしている言葉、「個性、自律、創造」の中の「自律」についてです。本校は、集会時に、教師や生徒司会者が「静かにしなさい」とは言わない学校です。話し手がマイクの前に立てば自ずと静かになり、盛り上がるときは多いに盛り上がる、そのような生徒諸君が集う学校でなければならない。このことをはじめて生徒諸君に話したのは、平成25年10月24日の校内文化発表会の日でした。皆、自分の学校にプライドを持ちたい。誇れる学校にしたいという思いを持っているのだと感じました。そして、今、それができるようになりました。第13期生・14期生は入学してくる第15期生に身を以て示し、そして教え導いてください。
〔最後に〕
 耐震工事と格技場の改修工事で、不便な毎日が夏まで続きます。特に剣道部の諸君には迷惑をかけている。施設は十分ではないけれども、互いに譲り合い協力し合って乗り切ってください。
 校内では新年度の準備が始まっています。第15期生240名も決まり、皆さんは、あの楽しい新入生歓迎会に向けて精力的に準備を始めてくれている。上級生としての自覚を持って、第15期生を、真のいわき総合高校生にしてあげましょう。


13:09
2016/03/01

平成27年度第12回卒業式式辞

| by:校長

 平成28年3月1日(火)、北日本や日本海側は大変な悪天候であろうと思われます。ここ福島県いわき市は、風はとても冷たいものの、暖かい陽光に包まれています。本日は、福島県立いわき総合高等学校第12期生の卒業式、231名が本校を巣立っていきました。先生方や友人、後輩と名残を惜しむ姿が、そこかしこに溢れています。

福島県立いわき総合高等学校  平成27年度 第12回卒業証書授与式 式

 ただいま、全国総合学科高等学校長協会賞を受賞した孫田優希さんを代表とする第12期生231名に卒業証書を授与いたしました。この記念の日に、福島県議会議員 安部泰男様はじめ、多数の御来賓の皆様のご臨席を賜り、いわき総合高等学校第12期生の前途を祝福していただけますこと、心より感謝申し上げます。
 栄えある卒業証書を手にされた生徒諸君、卒業、おめでとう。そして、第12期生の保護者の皆様に、心からお祝いを申し上げます。3年間、保護者の皆様からいただいた数々のご協力に対し、教職員を代表して感謝の意を表します。

  本校は、震災後、仮設校舎での学習を余儀なくされておりましたが、平成27年4月20日に北校舎が竣工し、新しい学び舎となりました。これに合わせて、保護者の皆様には、北校舎に冷房を設置していただきました。PTA・体育文化後援会・同窓会の皆様のご支援により購入された体育文化後援会バスの利用も始まり、教育環境は一段と良くなりました。その一方、南校舎の耐震改修、格技場の大規模改修等の大型工事が続いており、生徒の皆さん、保護者の皆様にはご不便をおかけしております。

さて、いわき総合12年目の今年、本校を牽引した第12期生と後に続く生徒諸君の活躍はめざましく、日頃の勉学は勿論のこと、生徒会活動、ボランティア活動、運動部や文化部・同好会の活動が活発に行われ、輝かしい1年となりました。全国大会・東北大会に進んだ演劇部や陸上部、琴部の皆さん、県大会で優勝したハンドボール部の皆さん、フラガールズ甲子園で優勝したアロヒ・ミノアカの皆さんなど、上位大会での活躍が光った年でした。皆さんの活躍は学校の名誉を高め活気をもたらしてくれましたが、私が、同様にうれしいことは、多くの生徒諸君が、それぞれの舞台で全力で高校生活を楽しみ、関係者や保護者の皆様に感謝する気持ちを言葉で表現し、さらにはボランティア活動に一生懸命取り組んでいることです。まさに、「学びつつ表現する学校」の名に恥じない皆さんの姿でした。
 第12期生の活躍や資格取得の取り組み、学校生活の一端はお手元の表彰者一覧と皆勤賞・精勤賞一覧にございますが、私は毎年、学びと表現の集大成である課題研究の発表者をこの場で紹介しております。今年の研究発表会は、12月12日(土)に開催され、鈴木卓巳君、北郷未知さん、瀨谷笑加さん、そして高萩彩乃さんの4名が、各系列を代表して研究成果を発表し大きな拍手を受けました。テーマは救急救命からデッサン、コミュニケーション、福祉と多岐にわたり、本校の多様な学びと生徒諸君のレベルの高い表現力を明らかにしてくれました。

 総合学科である本校の特色は、キャリア教育とコミュニケーション教育にあります。それらを実現するために、まず、6つの系列に分類されている多種多様な授業がありました。人文科学や自然科学はもとより、本校の特長である芸術やスポーツ、生活福祉や情報の科目により、専門的な教育を実現しています。皆さんが自ら選択して学んだことが、皆さんの人生に生きて働くものと期待しています。卒業発表会や校内文化発表会等で舞台に上がる生徒も多い。プロムナード・コンサート等も含めて、全体としてスケルツォ的な面白さを醸し出しています。カリキュラムも生徒諸君も多様で、その多様さを認めあう雰囲気がとても良い。このような教育は、本校の教員ばかりではとても実現できません。大学の先生方やそれぞれの道のプロフェショナルな指導者、学校外部の各種団体の皆様の参画によるところが非常に大きく、心より感謝しています。このようなことにより、就職から進学までの多様な進路目標が実現しており、本校からの情報発信を楽しみにしてくれているサポーターも多いのです。
 多様性があり、多様性を認め合う社会は、風通しも良く、様々な困難をも乗り越えるしなやかな強靱さを持ちます。大学や専門学校に進学し又は就職して、皆さんは、新しい人々の集団の中に入ってゆくわけですが、自らの輝きは、周りの人々の異なる色合いとの共存の中で一層その輝きを増すことを理解しておいてください。そういう理解は、皆さん1人1人を幸せにするとともに、周りの人々を幸せにすることにもつながります。皆さんが学んで獲得した知性は、そのような方向でこそ生きるのです。

 東日本大震災と原子力発電所事故から5年の歳月が流れようとしています。諸君の中には、希有な体験を経て、葛藤しながら成長してきた仲間も多い。福島県は、未だ事故からの傷が癒えず、懸命の努力にもかかわらず、多くの町はその将来が見通せない。そのような経験をした皆さんだからこそ、地域と日本と世界に目を向け、貧困、エネルギー、教育、民族間の紛争などの本質を理解する努力をし続けてほしい。自分と自分のまわりの自由を尊重し、ローカルに行動し、しかし、視線は常に世界とその未来に向けてください。いわき総合高校も、皆さんがプライドを持って本校を語り続けられるように、前進してまいります。

 さて、これから皆さんは、クラスの仲間や部活動の仲間、お世話になった先生方に別れを告げ、社会への一歩を踏み出します。どのような出立の時でも、始めの一歩は大切でありましょう。昇降口を出るとき、又は校門を出るとき、力強い、大きな一歩を踏み出しましょう。皆さんには、それができる意志があり、その勇気があり、その力が備わっているはずです。
皆さんの前途を心から祝します。
   平成28年3月1日
                                                      福島県立いわき総合高等学校長 吉田豊彦  


13:32
12345